MENU

5‐アミノレブリン酸(ALA)には副作用があるの?

 

ヒトや生物の体内のミトコンドリアにいるアミノレブリン酸ですが、こちらは地球に存在している天然のアミノ酸です。

 

健康や美容に良いとされており、癌の予防や治療にも使われていますが、これに副作用があるのかないのかは気になるところですよね。

 

天然のものなので心配ないのかな?と思われている方のために、今回は副作用の有無について記事をまとめましたので、どうぞ参考にしてみてください。

 

 

 

1.アミノレブリン酸はそもそもどう働いているの?

 

 

 

アミノレブリン酸は、体内で基礎代謝をコントロールしています。

 

 

 

人間だけでなく、生き物は新陳代謝が必要ですが、それにはアミノレブリン酸が使われています。

 

 

肌を美しく、みずみずしく保つには、アミノレブリン酸が欠かせないので、若々しい肌をいつまでもキープするためには必要不可欠といえるでしょう。

 

これは特に女性にとっては聞き逃せない情報ですよね。

 

さて、この基礎代謝は年齢が上がるごとに下がります。

 

ですから、肌の老化という面ではアミノレブリン酸は水分を保つ働きをしているのです。

 

逆に、アミノレブリン酸が配合されたものを摂取すると、水分の量と弾力性がアップします。

 

エイジングケアなどに効果があり、今後も期待されているものです。

 

 

 

2.アミノレブリン酸副作用はあるのか?

 

 

 

アミノレブリン酸事態に副作用があるわけではないので、
気にせず使うことができます。

 

 

 

今では通販などで簡単に入手できるので、それ重宝されているようです。

 

先にも述べたように、アミノレブリン酸は体内で作られているアミノ酸の一種なので、ニキビ治療など肌の健康を保つのに役立ちます。

 

癌の治療にも使われますが、放射線治療などに比べると、患者への負担が極端に減ることから、現在のところ健康被害というものは出ていません。

 

アミノレブリン酸を経口摂取しても、これといった被害が出ていないのは、アミノレブリン酸がもともと血液の赤血球を作る時点で必要なものとして合成されているアミノ酸の一種であるからです。

 

 

 

さらに期待できる効果としては、集中力の増加などです。

 

 

 

もし体内でアミノレブリン酸が不足してしまうと、集中力が欠けたり、自律神経が乱れてしまいます。

 

ですので結果として言えることは、副作用はない安全なものということです。

 

 

赤ワインなどから摂取することができますが、飲めない方はアミノレブリン酸を補うために、サプリメントを使うと良いでしょう。

 

50粒くらいのお試しサイズなら、1500円程度で売られていますが、本格的にボトル入りのものになると7000円から8000円します。

 

最近は大量製造が可能になった成分ととはいえ、アミノレブリン酸はまだまだ安価なサプリメントの部類ではないので、まずお試しサイズから試してみることをお勧めいたします。
副作用もないですし、飲んで若返り効果などを実感できれば大きめのボトルサイズを購入していくのが良い方法でしょう。

 

 

 

3.アミノレブリン酸は今後も期待されている!

 

上記で述べたように、副作用がないことから、アミノレブリン酸は癌の治療やニキビ治療にも導入されていますし、近年では癌検診にも使われるようになりました。

 

さらに、抽出して成分を製造する方法が確立されたので、これらの治療もできるようになっただけでなく、今後もサプリメント以外に応用できないか検討されています。

 

もともと生物のエネルギー源として存在しているものですから、用法用量を守って摂取すれば何事も起こりませんし、良いこと尽くしです。

 

特に美容や健康に気を使っている女性などは、是非一度試してみてもらいたいものと言えます。

 

アンチエイジング、ダイエット、肌の老化防止を期待するのならば、まだ認知度が低いアミノレブリン酸を積極的にとって、若く美しく健康でいましょう!


関連ページ

5‐アミノレブリン酸(ALA)は抗癌作用を持っている?
5‐アミノレブリン酸(ALA)は抗癌作用を持っているのかについてご紹介いたします。5‐アミノレブリン酸(ALA)は抗癌作用に効果があるのかについて詳しく説明していますので、5‐アミノレブリン酸(ALA)について知りたい方は参考にしてください。
5‐アミノレブリン酸(ALA)はミトコンドリアを活性化させる!
5‐アミノレブリン酸(ALA)はミトコンドリアを活性化させる働きがあるのかについてご紹介いたします。5‐アミノレブリン酸(ALA)は体内のミトコンドリアを活性化させる働きを持っています。5‐アミノレブリン酸(ALA)について詳しく知りたい方は参考にしてください。