MENU

5‐アミノレブリン酸(ALA)はミトコンドリアを活性化させる!

 

アラ(ALA)ともよばれているアミノレブリン酸は、人間だけでなく生物のエネルギーの源となる天然のアミノ酸です。

 

これらは自然と体内で合成されるのですが、加齢とともにアミノレブリン酸が減ったり、ストレスで減少することもあります。

 

このアミノレブリン酸は、ミトコンドリアを活性化させる作用を持っており、アンチエイジングや美容、ダイエットに効果があるとして注目を集めています。

 

今回はアミノレブリン酸とミトコンドリアの関係、そして作用などを記述しますので、ぜひ読んでくださいね。

 

 

 

1.アミノレブリン酸を活性化させるミトコンドリアのおさらい!

 

誰もが理科の授業などで耳にしたことがある「ミトコンドリア」ですが、改めて考えてみると、何の役割をしているのだろうと思ったことはないでしょうか。

 

確かに学生時代はミトコンドリアという名称を覚えたりすることに必死で、大人になってもその役割まできちんと理解しているのは、大学まで理学系の学部に進学した人くらいでしょう。

 

 

さて、このミトコンドリアはヒトを含めた生きものの細胞の中にあります。

 

ですが、すべての細胞の中にあるわけでなく、赤血球などには含まれていません。

 

細胞の数はだいたい数百個から数千個くらいですが、エネルギーを大量消費する細胞ほど、ミトコンドリアの数が多くあります。

 

 

例を挙げると、常に身体中に血液を送り出す働きを持っている心臓には、多くのミトコンドリアが存在しています。

 

また、脳や神経などにも存在しているので、認知機能にも関わっており、アミノレブリン酸は認知症の予防や改善にも効果が期待されているものです。

 

そして、ミトコンドリアの中では、アデノシン三リン酸(ATP)というものが作られます。

 

これは私たち人間が食べ物などから摂取した糖質、そして脂質から変換されて、体内でエネルギーとなるわけです。

 

 

そして、このATPが作られるステップでは、代謝水と呼ばれる水分が作られます。

 

これが、肌にハリや潤いを与える源なのです。

 

ですから、アミノレブリン酸がアンチエイジングや老化防止に効果があると言われているのは、この作用機序を活発にするためと言えます。

 

 

 

2.アミノレブリン酸はミトコンドリアの機能を活発にしていく

 

先ほど、少しだけアミノレブリン酸とミトコンドリアの関係について述べましたが、それだけではまだ、どうして活発になるのかよくわからないという方も多いでしょう。

 

簡単に言えば、ミトコンドリアの中でATPというものを作るには、グルコース(糖質)が必要で、その過程で代謝水という水分が作られるため、水分を補う目的でアミノレブリン酸が必要であるということです。

 

 

 

あまり理科系の話が苦手な方にも
ご理解いただけるように、
端的に説明すると、こうなります。

 

 

 

話はミトコンドリアの機能に変わりますが、このミトコンドリアの機能が落ちてしまうと、代謝水を作るためのATPが不足してしまいます。

 

そうすると肌の水分が抜けてしまうなど、老化につながるので、アミノレブリン酸を補わなくてはなりません。

 

 

老化だけでなく、眠気が増したり、物覚えが悪くなったり、脳の働きにもよくありませんので、大切なものです。

 

そこでアミノレブリン酸を摂取していけば、ミトコンドリアが活性化します。

 

 

 

簡単に言えば、ミトコンドリアが元気になるためのご飯のようなものです。

 

人間も食べ物がないと生きていけないのと同じで、細胞の中に存在するミトコンドリアもエネルギー源がないと枯渇してしまうのです。

 

 

ですから、アミノレブリン酸を食べ物やサプリメントで補うと、元気の源となり、活性化するというわけです。

 

長くなってしまい、なかなか理解がしにくい点もあったかと思いますが、つまりアミノレブリン酸はミトコンドリアを元気にするためには必要不可欠なものだということですね。

 

ぜひアミノレブリン酸をきちんと補って、細胞の中にあるミトコンドリアを活性化していきましょう。


関連ページ

5‐アミノレブリン酸(ALA)は抗癌作用を持っている?
5‐アミノレブリン酸(ALA)は抗癌作用を持っているのかについてご紹介いたします。5‐アミノレブリン酸(ALA)は抗癌作用に効果があるのかについて詳しく説明していますので、5‐アミノレブリン酸(ALA)について知りたい方は参考にしてください。
5‐アミノレブリン酸(ALA)には副作用があるの?
5‐アミノレブリン酸(ALA)には副作用があるのかについてお教え致します。5‐アミノレブリン酸(ALA)には沢山のメリットがありますが、副作用があるのか気になると思います。そんな時は、こちらをご確認ください。5‐アミノレブリン酸(ALA)の副作用について詳しく説明しています。